VELCAT 馬車道店

〒231-0007 横浜市中区弁天通3-48 弁三ビル2F

TEL 045-264-8350 (月曜定休)

Copylight © 2019 velcat all light reseeved

脱走防止対策措置について

いつもVELCATを応援していただきありがとうございます。

VELCATから猫を譲渡する条件の一つとして「完全室内飼い、脱走防止対策」があります。
すでに猫を飼っていらっしゃる方はお分かりになるかと思いますが、猫飼育未経験の方にとっては
「具体的にどうすれば???」かもしれませんね。

あくまで一例となりますが、こんな感じで対策をしていただければと思います。

 

猫は臆病な生き物ですが、同時に好奇心も旺盛なので、隙あらば外に行こうとしています。
でも、外は危険がいっぱい。交通事故や野良猫とのケンカで命を落とすこともあります。
命を落とすまでいかなくても、ノミ・ダニ・病気の感染、ケガなど心配な事がたくさん。
ですので、外に出さないことが大切です。

この写真の商品は人間の赤ちゃん用ですが、猫の飛び出し防止にも使えます。相模原シェルターにも同様の製品を設置しています。

猫は跳躍力に優れているので、このくらいの柵は軽々と飛び越せるのですが、ドアが開いた瞬間の飛び出し防止に役立ちます。

 

 

「目の前に柵があると、一瞬ひるむニャ」

こちらは開閉式ではないので、ニンゲンはまたいで通過。

 開閉式の場合は、開けた隙に出ないように注意。

バッグなどで、「出ちゃダメよ~」と防御しつつ出入り。

高さがあるタイプはお値段も高いですが、これなら

一方のドアを締めてしまえば「うっかり外へ」の心配もありません。

 

 

脱走を図るのは玄関だけではありません。

ベランダやお庭にでるサッシの開閉の際も注意です。

 

 暑い季節は網戸にする場合も多いでしょう。

網戸を開ける賢い猫さんもいるので、「サッシ止まり」でガードします。

 

 

出入りに使用しない窓なら、固定してしまうのも良し。

 

網戸を覆うようにワイヤーネットを嵌めています。

これなら網戸を爪でガリガリされる事もありません。

 

外側からの様子。

突っ張り棒をかましてあるので網戸自体が動きません。

 

 

脱走対策と合わせて、家の中での安全対策もお願いします。

猫は高いところにもジャンプ出来るので、犬だったら不可能なタンスや冷蔵庫の上にまで登ってしまいます。
キッチンカウンターに乗るなんてのはお手のもの。
でも、火や刃物、猫が食べてはいけないものがあるキッチンは一歩間違えれば危険ゾーンになります。可能であれば、こんな風にキッチンに入れないような仕切りをするのも良いでしょう。

 

 

家の構造上、仕切りが無理な場合は、火による事故を防ぐためにガステーブルの

ロックを掛けると良いかと思います。

 

 

ビニール袋のカサカサ音が大好きな猫さんも多いので、パンやお菓子などの袋物は猫が開けられない戸棚や冷蔵庫にしまってください。

猫は家の中を縦横無尽に走り回るので、壊されては困るものはきちんとしまっておきましょう。
本やノート、PCも猫さんにとっては遊び道具。
教科書をビリビリにされないよう、机の中へ。
電化製品のコード類や、スニーカーの紐が好きな猫もいますので、齧られないようにカバーをしたり、脱いだ靴は靴箱にしまう、などお願いします。

 VELCATでは譲渡前の確認事項として、「脱走対策、安全対策、猫が生活するお部屋の写真」を
メール添付にて送っていただいています。

 

トイレと爪とぎは必須です。

 

 

お家に来たばかりの時は、ケージで過ごしてもらう方が猫もニンゲンも安心です。

来客時や具合の悪い時にも入ってもらうので、ケージも準備しておきましょう。

 

今まで飼っていた猫は外に出たがらなかったら大丈夫、
という方もいらっしゃるかもしれませんが、今度迎える猫さんと今までの猫さんは性格も違います。
結果的に不要になるかもしれませんが、備えあれば患いなし、でご準備をお願いしています。
ご理解いただけますよう、どうぞ宜しくお願いします。

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now